違いを生み出すスキルを持つ人材がいる

違いを生み出す業務を行う選任者が必要

ネットショップで違いを生み出す」で紹介したように、ネットショップで競合他社から一歩抜け出すには違いを生み出す業務を行っている必要があります。この業務の必要性を感じて、ネットショップの運営を行っている社員に「いつものネットショップの運営業務の他にデータ分析や顧客をリピーター化する企画をたててくれ!」と社長が言っても売上増という結果を出すためには数ヶ月もしくは1年程度かかってしまいます。

どうしてこれまでネットショップの運営を行ってきたのにそんなに時間がかかってしまうのでしょうか。それは、ネットショップで「当たり前に行う業務」と「違いを生み出す業務」に求められるスキルが全く異なるものだからです。「違いを生み出す業務」を行うにはマーケティング、企画立案、データ分析(統計)、ITの知識が求められます。これらのスキルを一定水準以上に習得するには時間がかかることから、予想した以上に結果がでないということが多くの会社で起きているのです。

費用はどのくらい必要

社内に適当な人材がいなく、すぐにでも結果を出したい場合には外部から新たに社員を迎え入れます。必要なスキルと経験を持つ人材を探せたとして人件費はどのくらいかかるのでしょうか。最低でも月給30万円、年間で約400万円は必要です。ネットショップの規模に応じて一人ではなく複数人必要となるケースもあるでしょう。

ある程度の売上があり、必要な人材を確保できるのであれば、新たに専任者を迎え入れることが良いです。業務ノウハウを社内に蓄積することができるので先々の貢献が期待できます。一方、中規模・小規模事業者にとってこの選択肢をとるのはハードルが高く、アウトソーシングサービスを利用してみるほうが良いでしょう。

 

安価にすぐに結果を出せる

webマーケティングのアウトソーシングサービスを利用する最大のメリットは高水準のスキル保持者が業務を代行するので結果が早く出ることがあります。早ければ対応1、2ヶ月で十分な結果を出すこともあります。

また、費用面も押さえることもできます。雇用する場合と比べると30%〜50%の費用水準で済みます。当社のトライアルサービスのように契約期間を絞って経過を見るということもできます。初めて違いを生み出す業務を行う事業者はアウトソーシングサービスを利用されることをお勧めします。

デメリットは業務ノウハウが社内に蓄積されないことです。まずは売上目標を達成し事業規模が大きくなったら選任者の雇用を検討するというステップを踏むことが良いでしょう。

 

サービス